セルフカラー初心者必見!市販の白髪染めの選び方を美容師が解説

  • 自分に合う白髪染めの種類を知りたい
  • 全体染めはやってもいいの?
  • 泡タイプがいいって聞いたけどほんとはどうなの?

白髪が気になりすぎて自分で染めようとしたけどどれが自分に合うのかわからない。。。

ドラックストアにいる店員さんに聞いてみたけど、なんとなくでカラー剤をオススメされてしまうことがあり、実際に選んでもらった色やカラー剤を僕が確認すると希望の色とは違うものを使っていたケースも多々あります

そこで本記事ではセルフカラー初心者の方でも失敗しない為に白髪染めの選び方や染め方について解説していきます

結論、セルフカラー初心者の場合は泡タイプよりもクリームタイプやミルキータイプにしましょう

失敗しにくい色やキレイに染まる市販の白髪染めTOP3の紹介もしていますのでぜひ最後まで読んでみてください

この記事を書いた人
てつや

プロフィール

✔️美容師歴15年

✔️ヘアケアマイスター1級

✔️色彩検定3級

✔️MEDULLA 公式スタイリスト

✔️シャンプーブランド
MAISON BUTREプロデューサー

クリックして読める「目次」

市販の白髪染めの選び方

白髪染めの種類総合評価目的別明るくできるかダメージ染まりやすさ手軽さ色持ち
白髪染め
泡タイプ
(4.0 / 5.0)
全体染め
できる1回で染まる準備が必要1ヶ月以上
白髪染め
ミルキータイプ
(4.0 / 5.0)
全体染め&リタッチできる1回で染まる準備が必要1ヶ月以上
白髪染め
クリームタイプ
(4.5 / 5.0)
リタッチできる1回で染まる準備が必要1ヶ月以上
白髪染め
ヘアマニキュア
(3.0 / 5.0)
ダメージを少なくしたいできない1〜2回準備が必要3週間
白髪染め
シャンプー、トリートメント
(4.0 / 5.0)
ダメージレスで染めたいできないなし7回以上簡単にできる1週間
マスカラ
ファンデーション
(3.5 / 5.0)
今すぐ白髪を隠したいできないなし洗うと落ちるいつでもどこでもできる1日
リタッチ=根本染め

白髪染め泡タイプ(全体を染めたい方)

セルフカラー初心者さんで髪全体を染めたいと思った場合は泡タイプをお試しください

ハケで塗るのではなく手で揉み込みながら泡を髪全体につけていきます

部分的に塗るのは難しいので髪全体の色を変えたい時に使います

髪が肩よりも長い場合は色ムラになりやすいので美容室で全体カラーしましょう

白髪染めミルキータイプ(リタッチ&全体を染めたい方)

クシの先端から柔らかいカラー剤が出てくるので髪をとかすイメージで染めることができます

泡カラーよりも粘性がある垂れてくる心配を軽減できます

塗ることに慣れていないセルフカラー初心者の方はミルキータイプが使いやすいですね!!

根本の白髪よりも中間毛先の白髪が気になる方はお試しください

根本の白髪染めはミルキータイプよりもクリームタイプが塗りやすいです

白髪染めクリームタイプ(リタッチしたい方)

部分的に染めたい場合やリタッチをしたい時はクリームタイプが1番染めやすいです

初心者さんが髪全体をキレイに染めるのは非常に難しいのでリタッチや部分染めの方が失敗するリスクを軽減することがきます

付属のハケでカラー剤をつけていくのですがハケが難しければ指で塗っていただいても大丈夫です
(指で塗るときも必ず手袋をして下さい)

チューブ式になっているので余った場合は混ぜずに保存すれば次回も使うことができます

ヘアマニキュア(傷ませたくないけどすぐに染まってほしい方)

ダメージレスで1回〜2回の少ない回数で白髪を染めることができます

コーティング作用もあるのでツヤとコシがUPしたという意見を多く聞きます

手触りとしては少しキュキュッとした反発力があるような手触りなので軟毛の方や細毛の方は相性がいいですね

塗る際に皮膚についてしまうと中々落とすことができないで1番塗るのが難しい方法です

白髪染めシャンプー、トリートメント(楽に染めたい、傷ませたくない方)

シャンプーとトリートメントを白髪染め用のものに変更していただけるとダメージなく白髪を染めることができます

ライトブラウンなどの明るい色もあリますが暗い色のダークブラウンなどの方が白髪が目立ちません

少しでもしっかり染めたい時は暗めの色で染めてみて下さい!!

白髪染めシャンプー、トリートメントの特徴を

マスカラ、ファンデーション(今なんとかしたい方)

白髪が気になったとき、すぐに白髪隠しができるアイテムです

気になるポイントにササッと塗れば1日中白髪を隠すことができます

細かく塗りたいときはマスカラタイプ、幅広く塗りたい時はファンデーションタイプなど使い分けてみてはいかがでしょうか?

基本的にはお洋服につかないようにして下さい
ウォータープルーフのマスカラタイプでも強く擦るとお洋服についてしまうことがあります

セルフカラー初心者は馴染みと色もちが良いブラウン系で染める

ブラウン系のカラーは様々な色がバランス良く組み合わせているカラーになります

そのためどの色よりも長い間キレイな髪色をキープすることができ、黒髪と白髪の色の馴染みがいいです

ブラウン系のカラーは根本だけ白髪染めをするときも、毛先の色とうまく馴染んでくれるのでセルフカラー初心者はブラウン系で染めて下さい

アッシュ系やピンク系などの色を変えたい場合は、美容室で相談してみましょう

自宅で白髪染めするときに準備するもの

白髪染めする際に準備するものはこちら

  • ゴム手袋
  • 黒いカラークロス(膝丈)
  • ワセリン
  • イヤーカバー
  • ハケ
  • ゴム手袋

手袋、ハケなどは市販の白髪そめに付属していますがサイズが合わなかったり、塗りにくいのでご自身に合うのを使って下さい

実際に僕が使いやすかったアイテムや詳しい手順をまとめた記事がありますので合わせて読んみて下さい

ちなみに、セルフカラーをするときに一番初めにすることは
白髪染めを混ぜることでも顔にワセリンを塗ることでもないので答えることができなかった方も下記の記事を参考にしてみて下さい

初心者が市販の白髪染めでキレイに染める方法はリタッチ

リタッチとは新たしく生えてきたところのみを染めることです

リタッチの中でもセルフカラー初心者の方は部分的に白髪染めするようにしましょう

塗るところは顔わまりと分け目です

部分白髪染めはクリームタイプが1番塗りやすく、次にミルキータイプーになります

部分染めをしてほしい理由は

  • 自分から見える範囲なので塗りやすい
  • 短時間で塗ることができる
  • 髪の負担が少ない

セルフカラー初心者の方は塗ることに慣れていなので時間がかかってしまったり、キレイに白髪染めを塗ることができないことが多いです

そのため自分から見える範囲&塗りやすい&1番気になる場所の部分白髪染めにしましょう
(部分白髪染め=顔まわり、分け目)

セルフカラー初心者の方に避けてほしい方法は全体カラーです

理由としては3つあります

  • 塗ることに慣れていないので色がまばらになる
  • 髪をダメージを急激に加速させてしまう
  • 後頭部を塗ることが難しい

特に髪がロングの方は均一に染めることが非常に難しいです

プロの美容師ですら失敗するケースもあります

自分から見える範囲はキレイに染まっている事もありますが後頭部はムラになっていることが多いです

せっかく白髪は染めれても髪の色がムラムラですとキレイに見えないのでセルフカラー初心者の方は部分白髪染めをしましょう!!

白髪染めの知っておくといいQ&A

白髪染めの頻度はどのくらいがいいですか?

30代の方は1ヶ月半でリタッチ
40代の方は1ヶ月でリタッチ
50代の方は3週間でリタッチ

いつも全体カラーをすることは髪の負担になるので、、、

2ヶ月〜3ヶ月で全体カラーをしていただくと髪の負担を減らすことができ、季節ごとにキレイな髪色にすることができます

白髪染めはいつから始めたらいいですか?

30代から白髪染めを始める方が多いです

男女ともに30代から白髪が増えてくる傾向があるからです
(ヘアケアマイスター教本参照)
最初は白髪染めに抵抗があると思いますがヘアカラー(おしゃれ染め)とくみ合わせることで今まで通りの色にすることができるので安心してください

白髪が少ない場合などは通常のヘアカラーを使うケースもあるので必ず担当の美容師に相談してみて下さい

黒髪の色にする時はブラックを選べばいいですか?

黒髪が好きな方で白髪も黒に染めたい場合は、ブラックではなくダークブラウンを選んでください

ブラックで染めてしまうといかにも染めました!!と言わんばかりの不自然な黒になってしまうので
ダークブラウンで自然な黒髪にしましょう

キレイに染まる市販の白髪染めtop3

商品画像画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 41EuleCDb2L._SL160_.jpg



商品名ロレアル パリ
エクセランス
CIELO(シエロ)
デザイニングカラー
SYOSS(サイオス)
カラージェニック
メーカー別カラー診断カラー診断はこちらカラー診断はこちらカラー診断はこちら
形状クリームタイプミルキータイプミルキータイプ
塗り方ハケクシ型ノズルクシ型ノズル
カラー展開19色14色17色
参考価格¥1,540¥970¥900
各ページを見てみる詳細を見る詳細を見る詳細を見る

あくまで応急処置として部分的に使用してください!!
部分的=顔まわりと分け目のみを染めることです

全体をキレイに塗ろうとしても必ずムラになってしまうので部分的に染めるようにしましょう

ロレアル パリ エクセランス

明るい白髪染めでもしっかり染まります!!

いつも白髪染めをさせていただいている方がロレアルの6NBを使って染めたところキレイに染まっていたのでびっくりしました

市販の白髪染めの中では色持ちはいいです

さらに明るい白髪染めでも白髪と黒髪がしっかり馴染んでくれるのは嬉しいですね

CIELO(シエロ)デザイニングカラー

美容室でも使っているHOYU(ホーユー)から出ているカラー剤です

オレンジなどの赤みのない白髪染めができる、コスパも◎

塗りやすいテクスチャーになっていますがそのまま使ってしまうとダメージが気になります。。。

部分白髪染めをする際は1剤と2剤を1:1にして塗っていただくことで艶やかな髪に導くことができます

SYOSS(サイオス)カラージェニック

匂い敏感な方はサイオスお試しください

おしゃれ染めに近いカラーになっているので白髪が数本気になってきた方向けの商品です

少し赤みのある仕上がりになるのでツヤ感が好きな方や秋冬のシーズンに使うことでよりキレイな髪を演出できますね

まとめ:セルフカラー初心者がキレイに染めるには全体染めはNG

様々な選び方を紹介しましたがセルフカラー初心者の方がいきなり髪全体をキレイに染めることは不可能です

キレイな髪を維持したいときは部分白髪染め(顔まわり、分け目)にしましょう

白髪染めの色の選び方で悩んでいる方はこちらの記事を参考にしてみてください

昨日の自分よりもキレイになれるように一歩ずつ頑張りましょう!!

最後まで読んでいただきありがとうございました

些細な事でもいいので質問などありましたら公式ラインまたはこちらから

    この記事が気に入ったら
    いいねしてね!

    よかったらシェアしてね!
    クリックして読める「目次」