おしゃれ染めで白髪を染めたら染まらない!?銀座美容師が実際に染めてみた結果

URLをコピーする
URLをコピーしました!

「おしゃれ染めでも白髪は染まりますか?」

というご意見が非常に多いです

特に初めて白髪を染める方はどちらがいいか迷いますよね

そんなお悩みに
銀座美容室、ヘアケアマイスター1級の藤原哲哉がお応えします

この記事では現役美容師が実際におしゃれ染めで白髪を染めた時の結果を元に画像などで分かりやすく解説しています

結論はほぼ染まらない、または馴染まないので白髪が目立ちます

しかし、白髪の本数が少ない場合や明るく染めたい場合はあえて、おしゃれ染めをオススメする場合もありますので
迷わず選ぶために双方の特徴を理解していきましょう

目次

おしゃれ染めで白髪は染まらない

おしゃれ染めでは白髪はキレイに染まらないとご理解頂いて大丈夫です
厳密に言うと薄く染まりますが白髪が目立つため染まっていないように見えます

白髪は黒髪に比べて油分が多いため、白髪用に作られていないおしゃれ染めですと上手く染める事が出来ません
実際におしゃれ染めで白髪を染めた時は、薄く染まるか馴染まない色になってしまいました

この事から染まっていないと感じるので綺麗に白髪と黒髪を馴染ませたい場合は、白髪染めを使います

白髪が少ない方や髪の毛の明るさによっては白髪染めを使わない場合もありますが

あくまで

  • おしゃれ染め=黒髪用
  • 白髪染めは=白髪用

と分けて考えて下さい

おしゃれ染めと白髪染めの違い

基本的な薬剤の構造は同じですが、おしゃれ染めと白髪染めの違いは色とダメージです

カラー剤といっても目的に合わせた調整がされていますのでそれぞれ解説していきます

色の違い

白髪染めの色はブラウン(茶色)をメインに作られています
そのため白髪と黒髪が馴染むことができ、色持ちが良いです

色味を大きくわけると「赤みのあるブラウン」と「赤みのないブラウン」の2つの種類があります

しかし、透明感のあるカラーや鮮やかな色を出すことができません

おしゃれ染め色は青、赤、緑、黄など様々な色みがあります
黒髪に使用した時は透明感を出すことが出来たり、季節に応じた色を楽しんで頂けたり、黄色く抜けてしまった髪色に艶を出すことが出来ます

しかし、白髪を染めた場合、真っ青になってしまったり真っ赤に染まってしまうことがあります
(極端に濃く暗い色味で染めない限り白髪は染まりませんので白髪のままです)

その為白髪の部分がはっきりとわかってしまいますので均一な髪色にすることが出来ません

ダメージの違い

同じ明るさで比べた時は白髪染めの方が少し痛んでしまいます
理由としては黒髪よりも白髪の方が油分が多いためです

油分に弾かれないように薬剤の力を強くすることで白髪への浸透を良くします
しかし、安心して下さい!!
何千人と白髪染めをしてきましたが、白髪染めをしたからといって激しく痛んでしまったことは一度もありません
(あくまで美容師が白髪染めを行った場合です)

痛んでしまったと感じる方の共通点は

  • 自分で白髪染めをした際に時間を置きすぎてしまった
  • カラーする頻度が前より多くなった
  • 10、20代の頃の髪質と比べている

対策としては

  • カラー剤を塗ってから30分以上放置している方は30分以内に流すことを心がけて下さい
  • カラーする頻度が増えることで髪の毛の負担も増えてしまいますのでケアの仕方を向上する必要があります
  • 髪質は必ず変わって行きますので昔と比べるよりも今の髪質を良くするためにはどうしたら良いか僕に相談してください

[blogcard url=”https://www.tetsuya-haircare.com/color-chigai/”]

明るい白髪染めは白髪は染まらない

一見染まっているように見えますが

近くで見ると染まっていません

明るい白髪染めは黒髪は明るくなりますが色が薄くなってしまう分、白髪の染まりが弱くなってしまいます
白髪が多い方や一箇所に集中している方は染まりがよくないので白髪が目立ってしまいます

白髪が10本未満の方であれば黒髪を明るくすることで白髪ボカすことで目立ちませんが、白髪と黒髪を均一にしたい方には8レベル以下のカラーをオススメします

おしゃれ染めと白髪染め
合ってるのはどっち?

白髪の量、希望の明るさによってどちらが合っているか変わってきます

白髪の量の目安は、鏡を見た時30秒で自分から見える範囲の白髪を数えれる程度であれば、おしゃれ染めをオススメします

30秒の間で数えることが出来ないくらいの量の場合は、白髪染めをオススメします

明るさの判断基準としては(茶色で説明します)

ベージュはおしゃれ染め
ダークブラウンやブラウンは白髪染め

をオススメします

白髪染め
おしゃれ染め
  • 30秒で白髪の本数を全て数えることが出来ない
  • ダークブラウン、ブラウン、ブラック
  • 30秒で白髪の本数を全て数えることが出来る
  • ベージュ

※色持ちを最優先した場合は、白髪がなくても白髪染めを使用することがあります

白髪染めの美容室でのオーダーの仕方

明るく染めたい

根本(新しく生えたところ)だけ白髪染め、毛先はおしゃれ染め
現在白髪染めをしていて、今より明るく染めたい場合はこの方法をオススメします

まだ白髪染めをしたことがない場合は1度白髪染めをしてからこの方法に切り替えることをオススメします

[blogcard url=”https://www.tetsuya-haircare.com/somekata/”]

白髪が目立たない程度に明るくしたい

根本から毛先まで白髪染め(8レベルまで)

毛先が満足している色の場合は根本だけでOK!

しっかり染めたい(黒にしたい)

黒くしたい場合は1レベルのカラーを頼みましょう

もっとも暗い色になりますので実はおしゃれ染めの1レベルでも白髪にしっかり色が入ります

1度この色にすると明るくすることが難しくなってきますので黒髪を維持したい方以外はダークブランドやブラウンをオススメします

暗くなり過ぎた時の3つの対処法

すぐに明るくなる|ダメージ大

脱染剤を使用します

脱染剤はカラー剤の色を抜くことが出来る非常に強い薬剤です
すぐに明るくすることが出来ますが、髪の毛が痛んでしまうのでキレイな髪の毛を保ちたい方にはオススメ出来ません。。。

真っ黒に染めてしまった場合は非常に色が抜けづらいので脱染剤を使っても2〜3回繰り返す必要があります

徐々に明るくなる|ダメージ中(オススメ)

暗くなり過ぎたところに明るいおしゃれ染めを塗っていく方法です

染めたては暗いままですが、徐々に色が抜けて行きます
もともと真っ黒に染めていた方でも4〜5回ほどで希望の明るさにすることが出来ました
(2ヶ月に1回のペースでやらせて頂きました)

髪の毛がギシギシになることもなくキレイな状態です

時間がかかる|ダメージなし

色が抜けるまで待つ!これが1番傷まずに明るくすることが出来ます

暗くなる前の髪の毛の明るさにもよりますが、暗くなってしまった髪の毛が明るくなるにはかなりの時間が掛かってしまいます
(1年以上かかることが多い)

ダークブラウンほどの明るさならば待つことで明るくなることが期待できますが、真っ黒に染めてしまった場合は明るくなりにくいので明るいおしゃれ染めをしつつ時間を置くことをオススメします

[blogcard url=”https://www.tetsuya-haircare.com/homecolour-kurai/”]

痛ませずに白髪を染める方法

カラーシャンプー、トリートメント

通常のカラー剤は髪の毛の内側を染めるものになりますが、カラーシャンプーとカラートリートメントは髪の毛の外側を染めていくものです
そのため髪の毛の負担が少ない、自宅でも出来るのが大きな利点です

1日では染まりませんので最低でも1週間ほどは継続して使って下さい

[blogcard url=”https://www.tetsuya-haircare.com/siraga-shampoo/”]

酸性カラー

こちらも髪の毛の外側を染めるものになります

カラーシャンプー、カラートリートメントとは違いその日のうちに色が付きますのですぐに白髪を染めることが出来ます

しかし、皮膚に付着すると中々落ちないので根本ギリギリから塗るような手法になります
必ずプロの美容師に染めてもらうようにしましょう

白髪の原因を確認しよう

白髪の原因は主に5つ説明します
その中でも治る可能性のある白髪と治らない白髪があります

治る可能性のある白髪の原因
治らない白髪の原因
  • 睡眠不足
  • 偏った食事
  • ストレス
  • 遺伝
  • 加齢

20代、30代前半の方で急に白髪が増えたと感じている方は生活習慣を見直していただくことで白髪の改善が見込めます

逆に10代から白髪に悩ませれている場合は遺伝の可能性が高いです
白髪染めを買うのが恥ずかしい方はネットで白髪染めではなく白髪染めシャンプーを購入してはいかがでしょうか

購入する前に白髪染めシャンプーの事を理解して使用しましょう
白髪染めシャンプーの事を何も知らないまま使ってしまうと必ず失敗してしまいます
白髪染めシャンプーのメリット、デメリットはこちら

40代以降の方は加齢が関わってきます
白髪染めを始める平均年齢が42歳ですので白髪と上手く付き合っていく事を考えはじめてはいかがでしょうか

しかし、お仕事や子育てや恋愛などでも悩みが多い年齢ですので、より生活習慣を見直して少しでも白髪が増えない状態を作っていきましょう

[blogcard url=”https://www.tetsuya-haircare.com/shiraga-yobousaku/”]

黒髪と白髪の違いを確認しよう

見た目でわかることはメラニン色素があるかないかです

メラニン色素がある場合は黒、茶色などの色に見えます
メラニン色素がない場合は白く見えます

ここまでは分かりやすいですが、実は見た目でわからないところがカラーする際に重要になってきます

見た目で分からないところは白髪は黒髪よりも油分が多いです
その為黒髪用に作られているカラー剤では白髪はキレイに染まりません

おしゃれ染めで白髪は染まらない!!まとめ

✅おしゃれ染めで白髪は染まらないので
白髪染め=白髪用
おしゃれ染め=黒髪用
と割り切りましょう

✅明るい白髪染めは色が薄いため白髪は染まらない

✅おしゃれ染めと白髪染めどちらが合っているかは希望の明るさと白髪の量によって判断する

✅美容室では明るくしたい場合は根本は白髪染め、毛先はおしゃれ染め
ブラウン、ダークブラウン、ブラックの場合は白髪染め

✅白髪染めで暗くなってしまった場合は暗くなった部分に明るいおしゃれ染めをして数ヶ月待つのがオスススメ

✅傷ませずに白髪を染めたい場合は、髪の毛の外側を染める白髪染めシャンプートリートメントやマニキュアがオススメ

✅白髪の原因は
治る可能性がある原因=睡眠不足、偏った食事、ストレス
治らない原因=遺伝、加齢(40代以降)

✅白髪の黒髪の違いはメラニン色素の有無、白髪は油分が多い

その他の質問やお悩みなど、些細な事でもいいので質問などありましたらこちらから↓

少しでもお役になったと感じていただけたら、ブックマーク、ツイッター&インスタグラムのフォローをして頂けたら嬉しいです

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる