白髪染めはいつから始める?平均年齢は30代から!?銀座美容師が徹底解説

URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • 白髪発見したけど何歳から白髪染めは染めたらいいの?
  • みんなはいつから白髪染めしたの?
  • 自分はまだ白髪染め早いと思うんでけど。。。白髪気になる

こんなお悩みを持っていて白髪を見つけても、なかなか白髪染めをする事が出来ない方は多いのではないでしょうか

白髪染め1万人以上の施術経験を元に、ヘアケアマイスター1級、銀座美容師の藤原哲哉が白髪染めの始めるタイミングを分かりやすく解説していきます

この記事では白髪染めを始める平均年齢、白髪を見つけ時のカラーの仕方、美容室での白髪染めのオーダー方法を知ることが出来ます

結論としては、30代から白髪染めを始める方が多いです
理由は一般的に白髪の量が増えるのは男女ともに30代だからです
(あくまで目安ですので個人差があることはご理解ください)

10代、20代から白髪に悩んでいる方、50代60代でも白髪に悩んでいない方など個人差がありますが白髪に悩んでいる方は非常に多いです

年齢で判断してはいけません

白髪の量や白髪が生えている場所によってのカラー方法も解説しているので最後まで読んでいただけると幸いです

目次

白髪染めいつから?平均年齢は30代!

10代から白髪に悩んでいる方もしますが50代でも白髪が少ない方もいます
白髪染めをいつ始めても問題ありませんが、白髪に悩み始める平均年齢についてまとめました

白髪を発見する平均年齢30代?

男性で30歳〜34歳、女性で35歳〜39歳で白髪が増えてくると言われていますので、その年齢から白髪を発見する方が多いようです

しかし、白髪を発見してすぐに白髪染めをする方は少ないので焦らずに上手く付き合っていきましょう
あくまで平均年齢なので個人差はあります

白髪染めする平均年齢30代!!!

男女ともに白髪染めをする平均年齢は42歳となっていますが、僕が施術させて頂いた方達は30代から白髪染めを始める方が多いです

明るい白髪染めが出来たり、白髪染めとおしゃれ染めとの組み合わせで様々な色を楽しむ事が出来る様になった為、平均年齢よりも若いうちに白髪染めをしていると感じています

30代で3つのポイントが気になったら白髪染め

・分け目
・前髪
・もみあげ

この3つのポイントに白髪が多くなってきた方は白髪染めを始めています

理由としては

  • 鏡を見た時に自分から見える
  • 相手からバレやすい
  • 隠すのが難しい

ご自身から見たときに気になるかどうかが、1番の基準になっているようです

実際に僕が施術している方の多くはこの3つのどれかが気になり始めて白髪染めを決意した方が多いです

年齢よりも白髪の量でカラーの方法変える

白髪の本数や生えている箇所によってオススメ出来るカラーの方法が違いますので分かりやすく解説していきます

ご自身の理想の髪色になるためにも白髪の量によってのカラー剤の選び方の参考にして見て下さい

白髪が1本〜10本まで(まばらに生えてる)

おしゃれ染めをオススメします

この時期が1番白髪染めにするか悩む所ですが見た目では白髪があると分からない程度の本数ですので気にせずにおしゃれ染めをしましょう

おしゃれ染めの方が明るさや色が豊富に選べるので白髪を馴染ませる事が出来ます

前髪、もみあげ、顔周りに集中している

部分白髪染めをおすすめします

白髪が集中している場合はおしゃれ染めでは白髪を馴染ませる事が難しくなってきます

そのため、気になる部分だけ白髪染めをしてその他はおしゃれ染めをしましょう

自分でカラーしてしまうと白髪染めした所だけ暗くなる失敗をする可能性が高いので必ず美容室で染めましょう

全体的に数えれないほどある

全体的に白髪染めをする事をおすすめします

色選べなくなる?暗くなってしまう?そんなの嫌だと言う声が聞こえそうですが、安心して下さい

最近は明るい白髪染めやおしゃれ染めとの組み合わせで白髪染めと分からないような色にする事が出来ますので、理想の髪色になりつつ白髪を隠すこと可能です

白髪染めとおしゃれ染めの違い

白髪染め
おしゃれ染め
  • 白髪が染まる
  • おしゃれ染めより色持ちがいい
  • 透明感のあるカラーができない
  • 白髪が染まらない
  • 色がたくさんある
  • 透明感のあるカラーができる

それぞれのカラー剤の特徴はありますが混ぜて使ったり、白髪が目立つところは白髪染め、白髪が目立たないところはおしゃれ染めにするなど分けて使うことでキレイな髪色にすることが出来ます

白髪染めは暗くなってしまうから中々踏み出せない方もいると思いますが、明るい白髪染めやナチュラルな色にも染める事ができます

白髪が多くなってきて日々ストレスを感じている方は1日でも早く白髪染めに挑戦してみて下さい

詳しい違いはこちらの記事で解説していますので是非読んでみて下さい

白髪染めの方法(美容室でオーダーの仕方)

白髪の染め方によって髪の毛の明るさや相手への印象が変わってきますので、なりたいイメージに近づけて白髪染めをオーダーしましょう

なりたいイメージが思いつかない場合は、逆になりたくないイメージを美容師に伝える事でより満足した仕上がりに近づける事が出来ますね

白髪をしっかり染める

ブラウン、ダークブラウン、ブラックがおすすめです

濃い色味は白髪をしっかりと染める事ができるので近くで見た時も白髪と黒髪を区別がメリットです

しかし、ダークブラウンやブラックにしてしまった場合、気分を変えて明るくしたい時や色を変えたい時は色が抜けづらい為数ヶ月かかってしまいます

数ヶ月で雰囲気を変えたい場合はライトブラウンやブラウンがおすすめです

白髪をぼかす

ライトブラウン、ベージュなど柔らかいイメージのカラーがおすすめです

白髪染めに見えない白髪染めの明るさです

濃い色ではないので気分に合わせて色を変える事ができるので、季節毎に色を変えるのもいいです

デメリットとしては、色が濃くない為近くで見た時に白髪がうっすらと見えてしまいます

通常の話す距離であれば白髪が目立つ事はないのでそこまで気にする必要はないです

白髪を馴染ませる

細いハイライトを入れてる事がおすすめです

明るいところと暗い所を作る事で黒髪と白髪を馴染ませます

立体感が出るので動きのあるヘアスタイルが好きな方には1度お試しください

またハイライトを入れた部分は痛みやすい、色が抜けやすいのでご自宅でのヘアケアが重要になってきます

白髪染めの頻度は頭皮を気にするか髪を気にするかで変わる

頭皮が気になる方、髪の毛の痛みが気になる方どちらで悩んでいるかによってオススメ出来る頻度が変わってきます

どちらも悩んでいる方は頭皮を優先的に考える事がオススメです
理由としては、いい髪の毛を作るためには頭皮環境が重要だからです

頭皮が気になる方にオススメの白髪染め頻度

年齢別ターンオーダーの違い
10代
20日
20代
28日
30代
40日
40代
55日
50代
70日
60代
100日

年齢によってのターンオーバーの違いはご存知でしょうか?
(ターンオーバーとは古い皮膚が新しい皮膚に生まれ変わるサイクルの事です)


ご自身の年齢に応じてのターンオーバーを把握することで白髪染めをする際の皮膚への積み重なる刺激を減らすことが出来ま(ターンオーバーはお手入れによって早くなる場合もあります)

30代の方ですとターンオーバーが40日なので1ヶ月半に1度白髪染めをすることを目安にしてみてはいかがでしょうか

どうしても白髪が気になりターンオーバー周期よりも染めるのが短くなってしまう時は
頭皮の保護剤をつけることで頭皮への刺激を抑えつつヒリヒリするのを防げますのでお試しください

髪の毛痛みが気になる方にオススメの白髪染め頻度

新しく生えてきた所(根本)を白髪染めするのであれば白髪が気になった段階で染めて問題ありませんが、前回染めてから1週間で白髪が気になってしまう方もいます

しかし、根本のみを塗るのが難しいです

なぜなら、新しく生えてきたところが短すぎるため元々白髪染めをしているところも塗ってしまうからです
(髪のプロである美容師でも難しいです。。。)

そのためダメージが蓄積されてしまい失敗してしまう事が多くなってしまいます

根本だけを塗るとしても3週間以上は間隔を空けた方が髪の毛の負担を抑えつつキレイに染める事が出来ます
全体を白髪染めしたい場合は2ヶ月〜3ヶ月に1回がおすすめです

元々白髪染めはおしゃれ染めよりも色持ちがいいので1ヶ月に1回など短い頻度でなくても色が綺麗に維持している事が多いためです

美容室で白髪染めと自宅で白髪染めの違いは?

美容室で白髪染め
自宅で白髪染め
  • 色が豊富
  • ダメージを抑える事ができる
  • キレイに染まる
  • コストが高い
  • 手軽
  • コストを抑える事ができる
  • 痛みやすい
  • ムラになりやすい

どちらもメリット、デメリットがあります
様々な色を楽しみたいのか、キレイな髪の毛でいたいのか、手軽に白髪を染めたいのか目的に応じて使い分けていただきたいので美容室と自宅での違いを確認していきましょう

色を選べるのは美容室で白髪染め

1回の白髪染めで1つの色しか選べない市販のカラーに比べて、1回のカラーで複数の色をオリジルで調合する美容室のカラーでは天と地の差ぐらい色の差があります

髪質、ダメージ度合い、元々の明るさ、様々な視点から個人個人に合わせた色が出来るのは美容室の最大の特徴です

今のご自身の髪の毛の状態を判断して、市販のカラー剤を選ぶ事は大変です

キレイな色に染めたい場合は必ず美容師に相談しましょう

傷まないのは美容室で白髪染め

美容室のカラーは髪の毛の痛み度合いによってカラー剤を使い分ける事が出来ます
そのため髪の毛の痛みを最小限に抑える事ができ、色持ちも良くなります


市販のカラー剤の場合、素人の方が何千種類とあるカラー剤の中から自分に合う物を選ぶ事は非常に難しいです

市販のカラー剤は染まりやすいように強めに作られているので染めたては一見キレイになったように見えますが、髪の毛にはかなり負担が掛かっているため時間が経つにつれ痛みを感じる方が多いです

手軽なのは自宅で白髪染め

ご自身の好きなタイミングで染める事ができ、わざわざ美容室に行く時間を省く事が出来ます

キレイな髪の毛を維持することは難しいですが外出できない状況や子育て中、仕事が激務すぎるなどの理由で時間の確保が難しい場合は応急処置として自宅で白髪染めをオススメする場合があります

※自宅カラーをする前には一度、担当美容師に相談してから方が失敗が少なくなります

コストを抑えれるのは自宅で白髪染め

美容室で白髪染めをする場合は5000円以上かかってしまいますが、自宅で白髪染めをした場合1000円以下で染める事が可能です

コストだけを見ると圧倒的に自宅で白髪染めする方がいいですが失敗する可能性が高く、髪の毛が痛んでしまいますのでこちらも応急処置としてお考えください

自宅で白髪染めする時は分け目と顔まわりのみで痛み軽減出来る

自宅で白髪染めをする際は

  • 分け目
  • 顔周り

この2か所だけを塗りましょう

自分から見える範囲ですので、しっかり塗れている方確認する事ができ時間も最小限に抑える事が出来ます

全体を塗ろうとすると時間がかかってしまい最初に塗った所と最後に塗った所が違う色になってしまう可能性があります

また、すでにカラーしている所はデリケートになっていますが、市販の白髪染めですと薬剤の強さを調整する事が出来ない為毛先の方が痛んでしまいます

自宅で白髪染めをする時の詳しい手順と4つのコツはこちらの記事で解説していますので合わせて読んでいただけば幸いです

傷まない白髪染めはマニキュアとヘナ

髪の毛の組織を破壊せずに表面をコーティングする方法です
外側を染めることによってダメージを抑えつつ色を付ける事ができます


※通常のカラー剤は髪の毛の内側を染める為、髪の毛の組織が破壊させて痛みが伴ってしまいます

マニキュア

髪の毛の表面を染めることでツヤやハリを出すことができます

ジアミンアレルギーの心配がないためお肌が敏感な方はお試しください

気をつける所は、皮膚についてしまうと色が取りづらいので頭皮からベッタリ塗ることができません
その為ほんの少し白髪の部分が残ってします

また、髪の毛を明るくする事が出来ないのでマニキュアで染めた場合黒髪はそのまま、白髪はキレイに染まるとイメージしてください

ヘナ

植物性なので頭皮についてもピリピリしたりする事はありませんので安心して使う事が出来ます

髪の毛の外側をコーティングするカラーなので髪の毛を傷ませずに染める事ができ、ツヤの向上も期待出来ます
さらに皮脂を取り除く効果もあるので様々なお悩みの解決の糸口になるようなカラー剤です

しかし

  • 染まるまで時間がかかる
  • 黒髪を明るくする事が出来ない
  • 色が少ない

などの意見が多数あります

自宅で出来る傷まない白髪染め、白髪隠し

白髪染め以外でも白髪を隠す方法があるのは知っていますか
カラー剤を使わずに白髪を目立たなくする方法が白髪染めシャンプー、トリートメントを使う事と分け目を変えることです

白髪染めシャンプー、トリートメント

髪の毛を傷ませる事なく白髪を目立たなく出来ます

毎日のシャンプーやトリートメントを白髪染め専用シャンプー、トリートメントに変えて頂くだけで徐々に白髪が目立たなくなっていきます

デメリットは1回では染まらない、髪の毛を明るくする事は出来ないなどがありますのでしっかりと白髪染めシャンプーと白髪染めトリートメントを理解してからお使いください

白髪染めシャンプーの詳しい記事はこちら
白髪染めトリートメントの詳しい記事はこちら

分け目を変える

応急処置として比較的白髪が少ないところで分けて下さい
何も使わずにすぐ出来る事が最大の魅力です

分け目を変えることでのメリットは他にもあります

  • 分けている一箇所に紫外線が当たらないようになる
  • 分け癖がつくのを免れる
  • 分け目のボリュームを保つことができる

同じところで分けてしまいがちですが、分け目を変えることで薄毛の予防にもなりますので少し位置を変えてみて下さい

白髪は抜いてもいい!!数本なら。。

一般的には白髪を切ることがいいとされています
あくまで僕の意見ですが、1ヶ月の内に1本〜5本程度であれば抜いた方が目立ちません

実際に白髪を切ったこともありますが2週間ほどで目立ってきました

白髪の量が多く毎日抜かなければならない、頭皮が荒れている、薄毛が気になるこのような場合は切るか白髪染めをしましょう

30代から始める白髪染めQ&A

白髪染めは暗い色しかないの?

明るく染めることも出来ます


白髪染めとおしゃれ染めを組み合わせたり、白髪染めだけでもブラウンやライトブラウンの明るさに染める事ができます

こちらの記事で詳しく解説していますので合わせて読んでいただけると幸いです

白髪染めで人気の色は?

赤みのないブラウンです


白髪染めはオレンジや赤みが出てしまうと思っている方が多いので赤みのないブラウンが人気です

  • クールブラウン
  • ナチュラルブラウン
  • ベージュブラウン
  • プラチナブラウン
  • アッシュブラウン
  • オリーブブラウン

このような名前の白髪染めは赤みが少ないので1度お試しください

白髪染めの色を分かりやすく解説している記事もありますので合わせて読んでいただけると幸いです

30代ですが白髪染めを始めるタイミングはいつですか?

毎日、白髪が気になるようでしたらすぐに白髪染めをして大丈夫です

みて見ぬふりをしてストレスが溜まるよりも白髪染めをした方が精神的にも良いからです
ストレスも白髪の原因の1つなので白髪染めをするとすぐに解決できるのでお試しください

初めて白髪染めをするときは自宅で白髪染めをすると失敗してします可能性が高いので必ず美容師や理容師で染めましょう

そもそも白髪が生える原因は何?

遺伝、加齢、食生活、ストレス、睡眠、運動不足などです
遺伝や加齢の白髪は黒髪に戻す事ができませんが、その他の原因は改善することで黒髪にもどる可能性があります

詳しくはこちらの記事で解説していますので合わせて読んで頂けると幸いです

【まとめ】白髪が気になるのも白髪染めをするのも30代からが多い

✅白髪が気になるのも、白髪染めを始めるのも30代が多い

✅白髪の量によってカラー剤を選ぼう
・おしゃれ染め=1本〜10本まばらに生えている
・部分白髪染め=1箇所に白髪が集中している
・白髪染め=全体に白髪がある

✅白髪のオーダーの仕方
・しっかり染める=ブラック、ダークブラウン
・ぼかす=ライトブラウン、ベージュ
・馴染ませる=ハイライト

✅白髪染めの頻度
・頭皮が気になる=年齢ごとのターンオーバーを知る、保護剤を塗る
・髪の毛の痛みが気になる=根本染めは3週間空ける、全体染めは2〜3ヶ月に1回

✅美容室と自宅の白髪染めの違い
・色を選べる、ダメージを抑えれるのは美容室で白髪染め
・コスト削減、手軽なのは自宅で白髪染め

✅傷まない白髪染めはマニキュアとヘナ

✅自宅で白髪染めするときは顔まわりと分け目!!これ絶対!!

✅傷まない白髪染めは、白髪染めシャンプー、トリートメント&分け目を変える

✅1ヶ月で1〜5本なら抜いた方が目立たない

その他の質問やお悩みなど、些細な事でもいいので質問などありましたらこちらから↓

少しでもお役になったと感じていただけたら、ブックマーク、ツイッター&インスタグラムのフォローをして頂けたら嬉しいです

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる