美容室に行けない時の白髪を隠す3つの対処法

URLをコピーする
URLをコピーしました!

 こんにちは

美容師歴14年、銀座で美容師している藤原哲哉です

白髪。。。今すぐなんとかしたい!

でも。。。

・仕事が忙しくて中々、美容室いけない

・あまり他人と会う機会がなくなったから我慢しようかな

・今までは遠くの美容室言ってたけど、行く機会を減らしたい

様々な理由から

美容室に行く回数を減らしたいと思っている方は多いと思います

できる事なら毎回ご自身のお気に入りの美容室行きたいですよね。。。

新しく探すの面倒だし

でも!!行けない時は必ずあります

そんな時の一時的な対処方を知ってたらいかがでしょうか?

皆さんは、キレイでいたいから美容室にいきます

白髪がある方は白髪を無くしたいからカラーします

美容室に行けるようになるまで白髪を隠せれば日々の生活もストレス無く過ごせると思います

※その他にも、美容室に行く理由はあると思いますが。。。

今回は、美容室に行けない時の白髪対処法を紹介します

この記事で分かる事

白髪染めをしてから対処法を考えるタイミング
美容室に行けない時の白髪の対処方3つ

目次

対処法を考えるタイミング

美容室で白髪染めをしてから皆さんどのくらいで気になるのでしょうか?

気付いた時には今すぐに染めないとダメだぁー

とならないように今、手元にないものは事前に準備しておく事が大切です

なぜなら何をするにも焦ってしまうと失敗する確率が高くなるからです

失敗しないためにも美容室で染める周期に合わせて事前に準備が必要になります

美容室で染める頻度1ヶ月
2ヶ月3ヶ月
準備するタイミング
2週間〜
3週間
1ヶ月〜
1ヶ月半
2ヶ月〜
2ヶ月半
根元が伸びている長さ
(新しく生えた髪)
約1センチ約2センチ約3センチ

いつも染めてる周期の4分の3で準備を始めて頂ければ安心して対処出来ると思います

では、どんな対処方があるのか

3つのオススメ対処法をご紹介します

美容質に行けない時の白髪の対処法3つ

  • 専用の白髪染めで分け目と顔周りだけ染める
  • マスカラ、パウダーをつける
  • 短時間の外出時は被り物をする

この3つをおすすめします

専用の白髪染めをつかう


数日の出張やご旅行などで白髪を隠したい方は部分カラーがオススメです

実は美容室で使っているメーカーが

Tゾーンカラーを出している事はご存知ですか?

※Tゾーンとは分け目と顔周りのラインの事です

f:id:tetsuya-official:20200518200651j:image
出典 ミルボン

オルディーブ シーディルインターバルリケア

メリット

  • 市販されている薬剤よりもダメージが少ない
  • サロン購入が出来るので美容師に選んでもらえる
  • 色ムラを少なく出来る
  • 頭皮の保護剤が入っているので刺激を軽減できる
  • 2種類の色と3種類の明るさがある

デメリット

  • 部分染めなので全ては塗る量はない
  • 市販のカラー剤よりコストがかかる

2000円弱の値段がします

これを高いと見るかはあなた次第ですが、僕の意見はこうです

自分で選んだ為に合っていないカラー剤を自分で買う

色ムラになる

色ムラを直すために美容室に行く

お金がかかる

カラーを繰り返して痛んだためトリートメントをする

お金がかかる

金額の計算をしてみると安くても5000円ほどかかります

キレイな髪を求めているのはわかりますが、1度失敗していますと倍以上の金額がかかりますので、僕はしっかり美容師に選んでもらったうえでTゾーンカラーをオススメします


注意

どんなカラー剤でも共通して言える事が、しっかりと流して頂かないとダメージやアレルギーの原因になります
カラーした後でのアフターケアも、自宅では中々出来ないので2回以上ホームカラーをするのはオススメできません

マスカラやパウダーを使う(シャンプーしたら色が取れる)

ミルボンのパウダー

 

1日だけ白髪を隠したい方やダメージが気になる、自宅でカラーするのが不安な方にオススメは方法です


そんな方にはこの2つのマスカラ、パウダーの一時的なカラーをオススメします

メリット

  • ダメージが無い
  • 色が間違ってもすぐに直せる
  • 手間がかからない
  • 自分の気になるとろこを直せる

デメリット

  • シャンプーしたら色がおちる
  • 自分で調べて買うことが多い
    (美容師からの提案が無い)

急な用事でどうしても外出しないといけない時などは手軽に出来るのと、ダメージが無いのが1番の魅力です

手のひらサイズですので、お化粧ポーチにも入りますので応急処置としては一番オススメです

被り物をする

そもそも外出が少なく20〜30分程度の近くに買い物をする位でしたら被り物が1番です 

色々な種類があると思いますが、ツバの長いハットがオススメです

メリット

  • 紫外線は防げる範囲が広い
  • 顔が小さく見える
  • 比較的どこでも売ってる
  • 美容師に相談しなくてもいい

デメリット

  • 被り物が出来ない場合は白髪が見えてします
  • ツバの広い被り物は風で飛ばされる(実体験)

オススメはツバの広いハットですが被れる物でしたら、白髪を隠すことが出来ます

手間がかからない点が魅力です

まとめ

白髪を隠したい日数や時間でそれぞれの対処法を選んでください

  • 数日の出張やご旅行などで白髪を隠したい方はTゾーンカラー
  • 1日だけ白髪を隠したい方やダメージが気になる方はマスカラ、パウダー
  • そもそも外出が少なく20〜30分程度の方は、被り物

それぞれ、1つだけ言えるとすれば完璧を求めないことです

あくまで応急処置ですので、美容室と同じクオリティーは出来ませんが少しでもストレスない日々を送って頂ければ幸いです

その他の質問やお悩みなど、些細な事でもいいので質問などありましたらこちらから↓

少しでもお役になったと感じていただけたら、ブックマーク、ツイッター&インスタグラムのフォローをして頂けたら嬉しいです

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる