加齢にともなうクセ毛は治せる??3つに改善策をヘアケアマイスターが解説

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは ヘアケアマイスターの藤原哲哉です

  • 40代になってクセが強くなった気がする
  • 同じようなカットをしているのに前よりセットしづらくなってきた
  • 20代の頃はさらさらストレートだったのにクセが出てきた
  • 表面はストレートなんだけど内側のクセが気になる

年齢を重ねるに連れてクセが出てきたと感じる方は多いのではないでしょうか?

これは、加齢に伴い頭皮が下がる事が原因です

普段のお手入れはどのようにされてますか?

お顔のケアはしっかりしていて頭皮のケアは全くしてないと言う方がほとんどではないでしょうか?

見えないところなので意識しないのは当然ですが、放っておくと後々クセとしてあらわれてきます

美容室で縮毛矯正すればすぐ治りますが、髪の毛は痛んでしまいますし縮毛矯正は高い金額がかかります

まずは痛ませず、費用を抑えて今出来る事から始めましょう!!

この記事でわかる事

40代からクセが出てきた方必見!!

・なぜクセ毛と直毛はあるの?その原因を解説
・加齢に伴ったクセ気の原因
今からでも遅くない!!クセ毛の改善策自分でできる3つの改善方法

目次

なぜクセ毛と直毛があるのか!原因とは?

そもそもなぜクセ毛と直毛が存在するのか?

その大きな原因の1つは毛穴の形にあります

髪の毛は毛穴の形に沿って生えてきます

毛穴には丸の形と楕円の形が存在します

  • 丸の形=直毛
  • 楕円の形=くせ毛

になります

※目視ですと分かりません

頭皮の1つ1つの毛穴の形はそれぞれ違う為、クセが強い所と弱い所が出てきます

補足

毛穴の他にも
・髪の毛太さ
・ダメージの度合い
・頭皮環境
などでクセが変わってきます

クセ毛の種類

クセ毛には先天性のクセ毛と加齢によるクセ毛があります

加齢によるクセ毛の確認の仕方としては

チェックポイント1

耳の上のクセ毛が強くなっているか?

チェックポイント2

後頭部『ぼんのくぼ』付近のクセ毛が強くなっているか?

この2カ所が以前よりもクセ毛が強くなっていたら加齢に伴ったものと思って下さい

加齢に伴ったくせ毛の原因とは?

主な原因は頭皮が下がってしまう事によって、押し潰されて、毛穴が変形してしまうからです

頭皮が下がる

耳周辺と後頭部したの毛穴が潰される

毛穴が変形する

クセが出る

どんどんクセが強くなる

縮毛矯正でお金がかかる、痛む

頭頂部から下がってきた皮膚が耳の周辺と後頭部の下に溜まって行くイメージです

ご自身でマッサージした際に、頭頂部は硬く、耳周辺と後頭部の下が柔らかくなっていると下がってきている証拠です

【改善策】マッサージ

ご自身でしっかりマッサージして頂けてる方もいますが、頭頂部を意識しすぎていませんか?

もちろんマッサージをして頂く事は良い事ですが、効果的にやりたいですよね

その場合は、耳の周辺と盆の窪周辺をよくマッサージして下さい

なぜなら、太い血管がその2カ所にあるため血行促進の効果が期待出来るからです

【改善策】血行促進

マッサージ以外でも血行促進したい方はシャンプーを変えましょう

炭酸シャンプーという種類があり、血行促進はもちろん皮脂汚れも落としてくれます

使う頻度は3日〜7日に1回程のペースで大丈夫です

乾燥肌の方は7日に1回、脂性肌(オイリー肌)の方は3日に1回を目安にして下さい

シャンプーしながらマッサージしてあげるのもオススメですので、分けてやるのが面倒な方はお試し下さい

気をつけて!!

※使い過ぎると皮脂を取りすぎてしまい痒みが出てくる事があるので無理に使用頻度をあげる事はオススメしません
乾燥気味の方だけだはなく、脂性の方はの方もしっかり保湿してあげる事で頭皮環境を整えることが必要です

【改善策】頭皮に良い食材

毛髪の成長に必要な代表的な栄養素を3つご紹介します

  • 亜鉛
  • ビタミンA
  • ビタミンB群

です

特に亜鉛は皮膚、毛髪の成長に重要な役割があります

亜鉛→牡蠣、かずのこ、ひじき、のり、きなこ、味噌、豆腐など

ビタミンA→うなぎ、にら、にんじん、かぼちゃ、肝油、緑黄色野菜など

ビタミンB→納豆、レバー、セロリ、ほうれん草、小松菜など

何のもやらずに縮毛矯正する事になった時のコスト

実際に僕が施術してる料金から計算してお伝えします

 クセが強くなったクセが弱い
縮毛矯正¥16,500¥0
トリートメント¥4,400¥4,400or¥0
自宅用
シャンプー
¥3,850¥2,590
合計金額¥24,750¥2,590〜¥6990

一回の施術でもかなり値段の差がありますね

縮毛矯正する事で痛んでしまうので、自宅用シャンプーも炭酸シャンプーでなくダメージケア用のシャンプーにする事によって値段も上がります

普段お使いのシャンプーからすると、もしかしたら高いと感じる方もいると思いますが、今からシャンプーを変えたとしても7本買って縮毛矯正した時の値段と同じ金額くらいです

髪の毛がキレイな方は、日々このような事を理解してる人が多いので無意識のうちに実践しています
『何かしてるの?』
と聞くと
『何もしてない』
と返事が返ってくるのは無意識にやっているからです

今この記事を読んで頂いた方は他の人と差がつくきっかけになれば良いと思います

いつから始めたらいいのか?

結論、ずばり今からです

頭皮環境を良くする事は20代だから早過ぎる、40代なのでもう手遅れという事はないです

今のご自身の髪の毛から悪くなってしまうのか、現状維持出来るのか、良くなって行くのかは現時点での行動になってきますので、とりあえずはマッサージから始めていきましょう

余裕がある方はシャンプーを変えたり、日頃の食事を改善出来ればいいですね!!

その他の質問やお悩みなど、些細な事でもいいので質問などありましたらこちらから↓

少しでも為になったと感じていただけたら、ブックマーク、ツイッター&インスタグラムのフォローをよろしくお願いします

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる